雑文

№4 サブスクと軽自動車

長男が、春から社会人となった。 今、初任給の使い途をあれこれと皮算用している。 高校生の長女にも毎月数百円だけ出させ、後は自分が負担し、音楽配信のサブスクリプションの契約をしたいと思うがどうか。そう、私に聞いてきた。 反射的に、反対したくな...
雑文

№3 ボヘミアンラプソディー

今夜は、新しい職場の歓迎会だった。 少し遅くなって家に帰ると、テレビのロードショーでボヘミアンラプソディーをやっていた。 ついつい途中から見始めた。 フレディーマーキュリーが、自分がゲイであることを妻に告白するシーンあたりから。 何でこうも...
雑文

№2 桜の花の向こうには

毎朝の出勤時、バス停まで向かう途中の道の両側に大きな二本の桜の木がある。 それぞれ10m近いだろうか。 毎日、何かしら目に入り幾分見上げながら通り過ぎる形になる。 向かって右手の桜は酒屋の駐車場と公道の境目付近にあり、左手の桜はアパートの駐...
雑文

№1 始まりは夢十夜ふうに

夢を見た。 日曜未明、まだ暗い明け方。 年相応で仕方がないのかあるいは日々のストレスか、ここ数年いわゆる早朝覚醒に苦しんでいる。 疲労が残っているのに、深夜たびたび目覚めては、その後なかなか眠れなくなる。 何度目かのトイレに起きたあと、もう...