№11 父からの手紙とブログ

雑文

以前から気になっていた「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」を読んだ。
中に、職場への朝の遅刻は厳禁とのアドバイスがあった。
信頼関係を損なうものだから。
ビジネスの世界、仕事の世界は、国が違っても共通してくるようだ。

私の部下にも始業時間のルールを守れない人が時折でてくる。
毎朝、時間ギリギリに席に滑り込むようでは印象が悪い。
ごく若手であれば気軽に注意やアドバイスもできるが、中堅以上になってくるとそうもいかない。
もし、遅刻がちの同僚がいたとしても、信用が減っていく不利益を自分自身が受け止めるだけ、自業自得、と思うのみで、自分がそれを注意する、しないの話しとはならない。

しかし私も管理職の立場になっている今、そうも言っていられない。
決められた時間に、部下にきちんと仕事を始めさせるのが、まさしく管理職の仕事なのだから。

ある朝、午前三時台に目が覚めてしまった。
ビジネスマンの父よりの手紙の、そのあたりの一節を思い出していた。
そして思った。

若いうちは朝眠くてなかなか目が覚めず、誰しも苦しい思いをする。
人によっては遅刻の常習犯となる。
それが50歳を過ぎてくる頃には、今度は早く目が覚めすぎて困るようになる。
必ずしも疲れが取れていないのにもかかわらず。

世の中、中々、ままならない。

若いうちは、それでも体の力があるから、それなりに回復し、何とかなっていく。
しかし、歳をとってからは、疲労が残り続けると、心のダメージに直結するリスクともなる。
私も以前、危ないラインを超えかけた。

そこで考えた。
一日24時間。3分の1寝て、3分の2活動し続けるというサイクルは、必ずしも絶対ではないのではないか。
人生100年時代という。
今まで無かったことが起きているのである。
人生後半の働き方も、発想の転換が必要なのではないか。

例えば、早朝から仕事をし始めて、昼に2時間程度寝て十分休みを取る。起きて、その後、もう1ターン仕事をする。
つまり、一日を二分割する働き方。
或いは、三日を四分割するようなパターンもあり得るかもしれない。

加齢による体の生理的なリズムの変化に応じて、仕事の仕方も、本来は変えていくべきだと思う。
そうでないと辛い。
近年ずっと、日中、眠気のような疲労のような茫漠とした時間が多くなり、実際、苦しんでいる。

妻の死後、毎朝早く起きて食事を作り、子供の弁当も作るという生活を続けている。
これまで、そういう個人的な事情により、日中、眠いのだと思い込んでいた。
しかし、案外、多かれ少なかれ、加齢とともに誰しも行きつく道なのかもしれない。

休息を取った後なら、私もまだまだ世の中のためになる、クリエイティブな仕事がもっと出来るはず。

問題は、職業の性質上、それが許されるかどうか、である。

外山滋比古さんの晩年の仕事の仕方が、まさにそういうことだったようだ。

ずっと勤め人だった私であるが、働き方を変えて、自ら実験してみようと思っている。
組織勤めになっていくであろう、我が家の子供達の、今後の参考としてもらうためにも。

ところで「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」のように、このブログの中で私も子供達へあてて、社会人としての心得のようなものを文章として残せたら良いと思っている。
それも目的の一つである。

これからやろうと思っている事に、自分の中で密かに、何とかプロジェクトと名前を付けて、楽しみながらも頭を整理していきたい。

この案件について名前を付けるとすれば差し詰め「ビジネスマンの父からの手紙プロジェクト」。
略して「ビジプロ」ということで、取り敢えず進もう。

2023年9月某日

アーカイブ
雑文