カイタ

雑文

№9 ニモと黒縁眼鏡

今夜のテレビのロードショーはファインディングニモだった。 夕食を終え、子供達はそれぞれ自分の部屋へ引き取り、一人リビングに残った一番下の娘にリモコンの操作権が残った。 私は隣の和室で寝る準備をしながら、半分閉めた襖越しに映画の音だけ聞いてい...
雑文

№8 認知症のサザエさん

コロナ感染症の問題が落ち着きを見せ、ようやく母の入っている施設でも、家族との面会が再開されることになった。 当面、時間や人数は限られる。 休日の午前中、長女と二人で会いに行くことにした。 数か月ぶりの面会。 施設の職員が面会用の個室まで、車...
雑文

№7 野バラとチャイナローズ

チャイナローズという品種のバラがある。 我が家では苺ミルクを思わせる、濃いピンクの少しねっとりした質感の花を多くつける。 母が好きで育てていた。 三年前、父と母が一緒に施設に移ったあと、空き家となった郊外の家の手入れは、植木や花壇も含め私の...
雑文

№6 花唄とアイス

Vaundyの「怪獣の花唄」という曲が人気だ。少年時代の友達との記憶が主題。 誰にもある子供の頃の思い出を呼び覚まし心の琴線に触れてくる。 先般の休み、久しぶりに従兄弟の家に泊まり夜飲むため、沿岸部の地方都市へ一人車で向かった。 私も小学四...
雑文

№5 「あの頃の猪木」と空襲

昨年、アントニオ猪木さんが亡くなった。 NHKの深夜の番組で死の直前の様子を放送していた。 80年代のプロレスブームのとき、中学生だった私も夢中でテレビ中継を見ていた。 猪木さんはその後、政治家としても活動。タレント的に時折テレビで取り上げ...
雑文

№4 サブスクと軽自動車

長男が、春から社会人となった。 今、初任給の使い途をあれこれと皮算用している。 高校生の長女にも毎月数百円だけ出させ、後は自分が負担し、音楽配信のサブスクリプションの契約をしたいと思うがどうか。そう、私に聞いてきた。 反射的に、反対したくな...
雑文

№3 ボヘミアンラプソディー

今夜は、新しい職場の歓迎会だった。 少し遅くなって家に帰ると、テレビのロードショーでボヘミアンラプソディーをやっていた。 ついつい途中から見始めた。 フレディーマーキュリーが、自分がゲイであることを妻に告白するシーンあたりから。 何でこうも...
雑文

№2 桜の花の向こうには

毎朝の出勤時、バス停まで向かう途中の道の両側に大きな二本の桜の木がある。 それぞれ10m近いだろうか。 毎日、何かしら目に入り幾分見上げながら通り過ぎる形になる。 向かって右手の桜は酒屋の駐車場と公道の境目付近にあり、左手の桜はアパートの駐...
雑文

№1 始まりは夢十夜ふうに

夢を見た。 日曜未明、まだ暗い明け方。 年相応で仕方がないのかあるいは日々のストレスか、ここ数年いわゆる早朝覚醒に苦しんでいる。 疲労が残っているのに、深夜たびたび目覚めては、その後なかなか眠れなくなる。 何度目かのトイレに起きたあと、もう...